warning icon
YOUR BROWSER IS OUT OF DATE!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Please try Firefox or Chrome!

<産後の骨盤について知っておいてほしい事>

 

①どうしてケアをする必要があるの?

出産の時、赤ちゃんが出てきやすいように骨盤の恥骨と言う部分が一時的に広がります。広がった子宮と骨盤は産後に出るホルモンによりゆっくりと時間をかけて骨盤まわりの靭帯を縮めて産後4~ヶ月ほどかけて元の状態に戻っていきます。しかし、日々の疲れや日常的なクセがあると縮むのを邪魔してしまうことがあります

 

お母さんたちは休んだり体操をする暇もないので、日々のケアが自分でできないな、余裕がないなと思う人はお越しください。

 

骨盤が傾いたりねじれたりすると、骨盤周辺の血流が悪くなり太りやすくなったり、むくんだりします。また、他にも肩こり、腰痛、冷え性などにもつながる可能性があるので、対策する必要があります。

 

②気をつけてほしいこと

横座りや椅子での足組み、猫背といった出産前からおこなっているクセや動作などの習慣が、骨盤の靭帯を縮みにくくさせますので普段の生活から気をつけることを心がけましょう。子育ては休む暇もないと思うので「赤ちゃんタイム」を大いに利用して、体のケアやメンテナンスをするだけではなく心も休ませる時間を作りましょう。

 

③ケアの期間はいつから?

産後2ヶ月から始めることができます。妊娠3カ月目から女性のじん帯はとても柔らかくなっていて、しっかり体を支えることができずに周りの筋肉がとても頑張っていて疲れやすい状態になっています。産後約6か月ぐらいまではその状態が続くことがありますので、メンテナンスにお越しください。

 

④骨盤が整うと嬉しいことがたくさん

骨盤のゆがみ、ねじれ、かたむきがなくなると、おなかも正常な位置で動くので、栄養素の吸収が良くなります。また、血行が良くなることで代謝も上がり、痩せやすい体になります。骨盤調整とダイエットを上手に行うことで、効率よくやせることも可能です

 

⑤さいごに

産後6か月以降も、メンテナンスと普段の生活を丁寧に過ごすことで、その後の体の調子も維持することができますし、様々な症状の予防にもなります。しっかりと疲れを取ることを習慣にしてずっとハッピーな生活を送れるよう今のうちから始めましょう!

 

『お母さんがうれしいと、赤ちゃんはもっとうれしい』

loading
×